読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3年後の私

振り返ったとき、このブログが転機になったと言えるように。そう願っています。

この手で絶対に復讐してやる。。。息子を殺したアイツを許さん!!! 『レヴェナント 蘇りし者』

映画

f:id:nukoblog:20161202230954j:plain

今回は、おうちで映画DVDを見た、というお話です。

話題になってから少し時間が経ちますが、『レヴェナント 蘇りし者』を鑑賞しました。

レオナルド・ディカプリオ主演、監督は『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』のイニャリトゥ氏。

凍てつく寒さが舞台だったせいで、見ているこっちも寒くなってくる映画でした!!

 

 この手で絶対に復讐してやる。。。息子を殺したアイツを許さん!!!

 

予告編


映画『レヴェナント:蘇えりし者』第2弾予告編

 

あらすじをざっと言うと

 

そこは極寒の地。仲間に置き去りにされたグラスは懸命に生き抜く。

苔のような雑草も食べる。

凍った死体の骨にこびりついた僅かな肉も食らいつく。

さっきまで泳いでいた生きたままの魚にかぶりつく。

凍てつく寒さで大怪我を負いながらも、生きて拠点に戻らねばならない。

目の前で、息子を殺したアイツに復讐するために…!

 

ネタバレは嫌いなので、ここでは見どころを2つに分けて、感想を書きたい思います。

 

血なまぐさい映像

f:id:nukoblog:20161202231410j:plain

生々しい描写が全体の8割と言っていいほど、グロいシーンのオンパレードです。

ゾンビ映画のような気持ち悪さではなく、あまりにリアリティがありすぎる、という意味でグロいんです。動物に襲われたり、動物の内臓を取り出したりします。

映像は終始薄暗く、太陽光はほんとにまぶしい。とてもセットとは思えないと感じて、鑑賞し終わった後、思わずどんな撮影だったのか気になり、いろいろ調べてみました。

 

もちろん、撮影は過酷だったらしく

f:id:nukoblog:20161202231202j:plain

ロケ地には自然の残る未開の地が選ばれ、撮影はリアリティを追求。自然光のみで撮影、夜は焚き火の光のみを使用したようです。

撮影も大変だったようで、主演を演じたレオナルド・ディカプリオは、ロケ中何度も体調を崩したと言っています。

スタントマンを頼らず、自らの身体で極寒の川に飛び込んだりしたわけですから、当然といえば当然。

ここまでリアルな映像作りをされていると、見ているこっちまで寒くなってきます。夏に見るより、冬の間に見ておくと臨場感も味わえていいかもしれませんね。

 

ぬこの「まとめ」

ディカプリオも「2度とやりたくない」と言ってしまうほど、過酷な環境下での撮影だったんですね。極地での撮影はクルーたちも大変だったでしょう。

ところで12月に入りました。私はどんなに寒くてもエアコンは使わない主義です。極寒の地はさすがにNGですが。

冬は夏と違って、着込めばそれで済みます。1人暮らしを始めた昨年から、「着る毛布」とでも言うべきアイテムと一般的なルームシューズで冬は乗り切ります。暖房代がもったいないので。

そう、これこれこれ!!!めっちゃ重宝しています。↓

 

 

まさにこの文章を書いている今もその2つのアイテムを使っていますが、今回の映画を部屋で見ていると、さすがに寒くなってきますね(*_*)

でも見るなら絶対に冬です。温かい格好をして見てください(笑)

ではでは~(*^^*)

 

公式HP

www.foxmovies-jp.com

 

過去記事はこちら

3years.hatenablog.com

 

3years.hatenablog.com

 

3years.hatenablog.com

 

Copyright © 2017 3年後の私 All rights reserved.