3年後の私をつくろう

振り返ったとき、このブログが転機になったと言えるように。そう願っています。

黒緑の川、銀塩の空...お散歩コースで撮った写真6選

最近、よくカバンの中にカメラを入れるようになりました。ぬこです。

今回は、先日の日曜日のお散歩中に撮った写真です。

好みの写真を載せました(*^^*)

 

 

平日は通勤カバンに忍ばせておき、休日はカメラを片手にお散歩。ここで紹介する写真は、私のお気に入りのお散歩コースでの写真です。

ちなみに、使用機器は「GR Digital」。撮影時間は夕方、18時15〜30分でした。

黒緑の川

f:id:nukoblog:20170703224528j:plain

(ん〜ん!なんとも言えぬこの深みよ!)

何とも言えない雰囲気です。パリッと撮れました。(表現あってるのかな...?)

 

続いては、さっきほどよりも、もっと近くから川の流れを撮影した写真。カラーとモノクロの2枚です。

f:id:nukoblog:20170703224609j:plain

(流れる水-カラーver.)

川底の黒、そして草や岩の影。まだ明るい時間でしたが、黒がシャープに映っています。

 

f:id:nukoblog:20170703224635j:plain

(流れる水-モノクロver.)

モノクロだとこんな感じになるんですね。モノクロはあまり使いませんが、良い発見になりました。まるで時間が止まったように感じる、不思議な雰囲気です。

(もっと流れをはっきり撮りたかったなぁ...勉強しないとね^^;)

銀色の空

次の3枚の写真は、いずれも「ブリーチバイパス」というモードで撮影しました。

f:id:nukoblog:20170703224918j:plain

(ブリーチバイパス-暖色)

 

f:id:nukoblog:20170703224929j:plain

ブリーチバイパス-ノーマル)

 

f:id:nukoblog:20170703224942j:plain

ブリーチバイパス-寒色)

「ブリーチバイパスとは、写真の現像法の1つで、銀を取り除かずに...」と調べたら出てきましたが、難しいことは抜きにしましょう。私もよくわかりません。(笑) 

3枚目のように、空を撮るときはたいてい、このブリーチバイパスの寒色を使います。この独特な青が好きなんです。

今回はそれに加え、ノーマルと暖色でも撮ってみました。見比べてみると、これまた面白いですね~。

こんな風景は、カメラを通してしか見ることが出来ないです。

写真が好きな理由

さて、写真を整理しててふと、それが好きな理由を考えてみました。答えは、先ほどの3枚にまとまっていました。

 

f:id:nukoblog:20170703225605j:plain

(3枚の比較) 

なぜ写真が好きなのか。それは、「別世界を覗けるから」です。

 

今まさに目の前で見えている世界が、カメラ1つ間に挟むだけで、まるで別の世界を覗いているふうに感じられる。 

自分が見ているもの、聞こえているものそれらがすべてではないんです。世界にはもっと、いろんな見え方があるはずです。そう思わせてくれるのが、カメラであり写真なんだと思っています。

 

ただし、これは私の意見です。言うまでもなく、いろんな人がいます。

  • 加工されていない、見たまま・ありのままの風景が好きな人
  • 昆虫などの小さな世界、夜空や山頂から見える広大な世界が好きな人

自分の写真と他人のそれとは、まるで違った世界が広がっている。だから写真は、多くの人を魅了するのだと思います。

あとがき

少し脱線しますが、このブログはカメラブログではありません。

自分の生きがいを見つけること。「まだ死ねない」と心の底から感じずにはいられなくなるための、いわばツールです。

 

ブログを初めて11ヶ月目。もうそろそろ1年です。

これからも、自分が生きていて楽しいと思えることを発見していきたいし、その思いは形を変えて、みなさんと共有しあえたら嬉しい限りです。

 

ということで、今回は写真の紹介でした。またね!

 

広告を非表示にする