読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3年後の私をつくろう

振り返ったとき、このブログが転機になったと言えるように。そう願っています。

【魔が差す】魔というのは、本当に差すものなんだよ。

 先日、ラジオ『オードリーのオールナイトニッポン』を聞いていたとき、「魔が差す」というトークがあったのがとても印象的でした。(2月4日の回)

今回は、「言葉って面白いな〜と感じたよ」という話をしています。

ちなみに、オードリーの2人の言い方を借りれば、今コレを書いている私がまさに、「魔が差している」状態です。

 

【魔が差す】魔というのは、本当に差すものなんだよ。

午後から外出していたんだけど、今日は花粉症がヒドかった...。

家を出発する前に薬を飲んだのですが、夕方になったらなんだかグッタリ疲れが出てきてしまった。

人混みの多い場所をずっとウロウロしていたことも、疲れの原因なんだろうけれど。

 

花粉症には毎年悩まされていて、いつも5月のGWまではマスクが手放せない。

薬を飲んでもツラくなる。マスクをしててもツラくなる。

今日もそんなこんなでヘトヘトでした。

 

疲れた日こそ、できること。

f:id:nukoblog:20170320222430j:plain

ネタを練ろう。

帰宅してすぐシャワーを浴びている中、そう思いました。

そもそもアイデアっていつどんなときでもポンポン出てくるものではなくて、私の場合、出る日と出にくい日があります。

 

だいたい1日単位なんです。きっと、睡眠時間とか食事の内容とか、聴いていた音楽によって傾向があったりするのかも。

だから「こういうときにアイデアが出やすい」みたいな法則があるのかな~とずっと意識しているんですが、

「こうすればアイデアがわんさか出てくる!」といった発見には未だにつながらず。

発見済なのは、「今日はダメだ」「今日は出やすい日だ」という感覚だけです。

祝日の今日は、ダメな日です。

 

だから今日は、静かに溜め込んでいたアイデアを見直し、眠くなったら寝てしまおうと思っていました。

 

「言葉」に関するネタが多い

イデア帳に書かれているメモを見返すと、その多くは「言葉」に関するものでした。

私は何も小説家を目指しているわけでもないし、文章を書くのが好きだとか、ライターになりたいといった夢もありません。

では、なぜ「言葉」に関するネタが多いのか

ちょっと考えてみたところ、3つくらい思い浮かびました。

  1. 自分のボキャブラリーが少ないから
  2. 言葉による感情表現がうまくできないから
  3. 今まで興味を持ったことがないから


特に、②「言葉による感情表現がうまくできないから」が主な理由なのかな~という気がします。

先日類語辞典を買ったのですが、調べる単語はどれも「感情」に関する言葉ばかり。

自分の感情を何と表現したらいいのかわからない。

ブログを書くようになって感じた一番大きな変化は、どうやらこの「言葉に対する興味」らしいです。

 

魔が差しまくってんだよ

f:id:nukoblog:20170320221024j:plain

「言葉に対する興味」とは、起きている間はずっとそのアンテナが広がっています。

先日、ラジオ『オードリーのオールナイトニッポン』を聞いていたときもそうでした。

 

 

それは、オードリー若林がインフルエンザになった話でした。

彼が言うには、こんな感じ。

  • その日は仕事でスベって気分が凹み、バーに行って1杯だけ飲んで帰ろうと思った。
  • 結局4杯くらい飲んでしまい、酔って帰宅。
  • その日に限って、いつもしている手洗いうがいをしなかった
  • シャワーも浴びずにすぐに寝た。
  • 夜中に目が覚めるやいなや、ヒドイ寒気を感じ、エアコンの暖房を28度くらいまでに上げて、再び寝た。
  • 翌日の仕事はなんとか行けたものの、帰宅すると「これは普通の熱じゃないな」と感じた。
  • 結果、インフルエンザだった。


実はこの話の前に、タクシーの当て逃げ事故の話がありました。NON STYLEの井上ですね。

彼は「魔が差してしまった」と言っていましたが、若林もまた「俺も魔が差したってことなんだよ」と始めます。

 

というのも、

「魔というのは、本当に差すものなんだよ」
「ヤツらは常に、自分が入り込むスキを狙っているんだ」

と言い、仕事中にスベってしまったことから、全ては始まっていたんだと話すのです。

スベったときの間に魔が差した結果、バーに行き、ベロンベロンに酔い、さらに魔が差して手洗いうがいをせずに寝るという行いを生んだんだ、と。

 

そんなことを言った若林に対し、相方の春日は「スベった瞬間からインフルになっていたんだね」とコメントしていました。

 

 

私がこのトークで感じたのは、その「言葉の面白さ」です。

特に、「魔=ウイルス・細菌」だと捉えているところ。

「魔が差す」の使い方がちょっと変わっていて面白いな〜と思いました。

 

私にも今まさに「魔が差している」

今日は花粉症もヒドかったし、人混みにモミクチャにされて疲れているのに、こうやってブログをカキカキしているのも、すでに「魔が差している」状態です。

明日から仕事だから早く寝ようと思ったのにもう22時じゃない。

しかもさっき、ブラウザがフリーズして下記途中だったこの記事全部ふっとんだからね?(笑)

こういうときなんだよな〜魔が差してきてるのは!!(笑)

結局、またメモ帳に書いていた下書きに再び同じような調整をし、再度カキカキしているところです。

そろそろ魔に差し殺されそうなので、もう寝ようと思います。

ではでは。

 

広告を非表示にする