3年ブログ

3年間続けようと思い、現在7年目になりました。ネコ派ですが、最近ゴールデンレトリバーが可愛いくてしかたないです。

MENU

19,20)ドラム日記:ヒゲダンのPretenderをコンプリート!

f:id:nukoblog:20230529114639j:image

 

ドラムレッスンの日記です。

前回(19回目)を更新し忘れました。それも含めた記録。

楽曲はヒゲダンのPretenderです。

 

Pretender

Pretender

  • Official髭男dism
  • J-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 

前回(19回目)

 

前回は1メロを練習しました。

この曲の難しいところは2箇所あって、それが1メロと2メロです。

 

1メロ部分。

手だけの動作、足だけの動作。それぞれならできるのに、それを合体させるととたんにできなくなる……。

ドラムあるあるです。

こういうのは身体にひたすら覚えさせます。

 

f:id:nukoblog:20230529114632j:image

 

習ってもまたすぐ忘れるので、家に帰っても繰り返し練習しました(布団の上で)。

しかもテンポを落としてなんとか叩けるレベルなので、原曲スピードに追いつけるようになるまで大変です。

 

今回(20回目)

f:id:nukoblog:20230529114629j:image

 

2メロにチャレンジ。

この曲の峠の一つ。手数も多いし、キック(バスドラム)の連打が登場。連打だけの練習はしてきたけど、曲で使うのは今回が初めて。

 

▽連打の練習

www.masato07.com

 

連打は右足で素早く2回踏む奏法。ただ踏むだけならまだできるけど、そこに手が入ってくるから難しい。

1回踏むのと同時に左手でハイハットを叩き、2回目を踏むタイミングでは右手で叩く。

手と足がズレると聞いていて気持ち悪い。

 

表拍と裏拍の捉え方が難しかったから、自分で書き出してみたりした。

 

f:id:nukoblog:20230529120622j:image

f:id:nukoblog:20230529120632j:image

 

曲を聞いたり、先生の言うことを聞いているだけでは理解しきれない。

自分で書き出すとわかってくる。

難しいのは、身体がついてくるのはまた別の話ってこと。(笑)

 

でも、ヒゲダンのPretenderで一応ぜんぶ教わりました。

4回分のレッスンでコンプリートしたので、4時間で原曲通りに叩けるようになったということです。自分でも驚き。

 

次回は先生の前で通しで演奏するので、それまでに原曲スピード(BPM=92)で叩けるように練習します。

 

 

www.masato07.com